The new MAXQDA is here! All about the new tools, upgrade options, and pricing
MAXQDA

オールインワン質的データ分析ソフトウェア

無料トライアルを開始

MAXQDA無料体験版(Windows版/Mac版)

質的データ分析ソフトウェアを使うことで、質的研究の可能性を最大限に引き出します

MAXQDAは、質的データ分析のニーズにおける最も使いやすいツールであり、トップクラスの質的データ分析ソフトウェアです。テキスト、音声、動画など幅広い種類のデータを扱えるように設計されており、質的データ分析のための強力なツールを多数提供しています。データのコード化や分類、パターンやテーマの視覚化、混合法や量的コンテンツ分析の実施など、MAXQDAは質的データ分析に必要な見識を簡単に得ることができます。

データ

コード

文書ブラウザ

分析

質的データ分析ソフトウェアMAXQDA:インターフェース

研究者向けに開発されたオールインワンの質的分析ソフトウェア

MAXQDAは、質的研究の管理と分析に最適なソフトウェアです。研究者のために開発されたこのソフトウェアは、研究プロジェクトの管理、データ分析、チームメンバーとの共同作業に使えるパワフルなツールを幅広く提供します。ユーザーフレンドリーなインターフェース、ステップバイステップの無料チュートリアル、包括的なドキュメントを備えており、経験豊富な質的研究者にも初心者にも最適な選択肢となっています。MAXQDAは質的データ分析のプロセスを合理化し、複雑なソフトウェアに悩まされることなく、データの解釈と理解に集中する時間を提供します。

研究者による研究者のための開発 – 1989年誕生

いくつかの質的データ分析ソフトウェアを使用してきましたが、MAXQDAが他のどのソフトウェアよりも優れていることは間違いありません。データを活用するための優れた分析機能に加えて、MAXQDAの素晴らしいカスタマーサービス、オンラインチュートリアル、グローバルな学習コミュニティが、使いやすく、一流の製品であることを示しています。

Sally S. Cohen – NYU Rory Meyers College of Nursing

MAXQDAで質的データ分析をより速く、よりスマートに

MAXQDAは、質的データ分析をかつてないほど迅速かつ容易にします。グラウンデッド・セオリー、質的内容分析、グループディスカッション、談話分析、混合法、ケーススタディやフィールドスタディなど、幅広い分析方法を提供します。4つのウィンドウで構成された使いやすいインターフェースにより、強力なツールや機能に素早くアクセスでき、データ分析のプロセスを合理化します。さらに、MAXQDAは、WindowsとMacで100%互換性がある唯一の主要な質的データ分析ソフトウェアであり、一貫性のあるシームレスな分析体験を実現します。

オールインワン質的データ分析ソフトウェア

MAXQDAは究極の質的データ分析ソフトウェアで、あらゆる種類の質的データをシームレスにインポートできるため、研究プロジェクトの管理および分析に最適なツールとなっています。MAXQDAでは、テキスト、インタビュー、フォーカスグループ、PDF、ウェブページ、スプレッドシート、記事、電子書籍、書誌データ、動画、音声ファイル、さらにはソーシャルメディアデータなど、さまざまな種類のデータを簡単にインポートすることができます。データをグループに整理し、関連する引用を互いにリンクさせ、MAXQDAの強力なツールを使って質的分析を促進し、チームメンバーと作業を共有・比較することが可能です。プロジェクトファイルはフレキシブルで、必要に応じてカテゴリーシステムを拡張・改良できるため、ニーズに合ったリサーチを行うことができます。

オールインワンの質的データ分析ソフトウェアMAXQDA:ドキュメントのインポート
質的データ分析ソフトウェアMAXQDAで質的データをコーディングする

質的コーディングのための使いやすいツール

コード、色、記号、顔文字などの様々なツールを活用して、データ中の重要な情報をマーキングできます。MAXQDAでは、ワンクリックでコードを作成し、それをドラッグ&ドロップでさっと適用することが可能です。このソフトウェアのテキスト検索ツールを使えば、初めにコーディングしたり読んだりすることなく、資料を探索できます。また、キーワードを検索して、数回のクリックで自動的にコーディングすることも可能です。プロジェクトのすべての要素にリンクできるメモに、自分の考えや理論を整理することもできます。コード付セグメントをワンクリックで検索したり、MAXQDAの強力なサマリーツールを使って新しい理論を検証したり開発したりすることもできます。No.1の質的分析ソフトウェアであるMAXQDAで、時間を最大限に活用しましょう

MAXQDAのメモツールで質的データを整理

MAXQDAでは、質的分析を行う際に、メモを作成し、研究課題や目的を保存したり、一節を自分の言葉で言い換えたりすることで、アイデアや洞察を記録しておくことができます。また、本ソフトウェアのメモ機能では、テキストパッセージ、テキスト、文書グループ、画像、音声/動画クリップ、コードに付箋紙のようにメモを添付することで、監査証跡を簡単に作成できます。MAXQDA独自のメモマネージャーと語彙検索機能により、いつでもすべてのメモにすぐにアクセスできるため、整理された状態で研究を進めることが容易になります。質的分析の代表的なソフトウェアであるMAXQDAを使うことで、データの整理が簡単になります。

質的データ分析ソフトMAXQDAを使って質的データを整理する: メモツール
質的データ分析ソフトウェアMAXQDAによる検索とオートコーディング

テキスト検索と自動コーディングツール

質的研究のために大量のテキストを分析する際、MAXQDAのテキスト検索ツールは非常に役に立つでしょう。これらのツールは、分析に重要なキーワードやコンセプトを検索することで、最初に手作業で読んだりコーディングしたりすることなく、文書を探索することを可能にします。数回クリックするだけで、これらのキーワードを自動的にコーディングし、特定のセグメントを検索・取得するために使用できる、文書変数を作成することができます。さらに、MAXQDAの強力なコーディング・クエリ機能によって、アクティブなコードの組み合わせを様々な方法で詳細に分析できるなど、質的データ分析ソフトウェアのツールキットの中でも貴重なツールとなっています。

視覚的なテキスト探索

質的データ分析を行う場合、どのソフトウェアを選択するかによって、研究の容易さと効率に大きな違いが生じます。MAXQDAはパワフルで汎用性の高い質的データ分析ソフトウェアであり、小規模から大規模なテキストセットまで、幅広い分析に適しています。本ソフトウェアのインタラクティブ・ワードツリー機能は、非常に便利なツールで、選択した任意の単語と、任意の単語につながるすべての組み合わせを視覚化し、頻度を詳細に表示することが可能です。この機能により、よく知るテキストでも新しく興味深い視点を持つことができ、知らないテキストでも網羅的に把握できるようになります。さらに、MAXQDAのテキスト検索ツールとコーディング・クエリ機能は、キーワードやコンセプト、または特定のセグメントを検索し、アクティブなコードの組み合わせをさまざまな方法で分析することを可能にします。

MAXQDAのワードツリーによる視覚的テキスト探索
定性的データ分析ソフトウェアMAXQDAを使用し、テーマごとにフィルタリングした分析結果

単なる質的データ分析ソフトを超える存在

MAXQDAは、質的データ分析ソフトウェアの代表格として、質的コンテンツ分析を容易にするために特別に設計された幅広いツールを提供しています。単語頻度分析、視覚的なテキスト探索、内容分析、語彙分析、辞書ベースの分析など、研究者が用語とその意味的文脈を定量的に分析するのに役立つツールが含まれています。MAXQDAを使えば、個々の単語や単語の組み合わせの頻度を表で簡単に表示したり、インタラクティブ・ワードツリーで可視化したり、KWIC(コンテキスト内のキーワード)機能を使って、選択した単語のテキスト上の文脈をわかりやすい表に変換したりすることが可能です。

質的なデータを可視化

MAXQDAの質的データ分析のための幅広い視覚的ツールにより、資料を分析し、データから見識を得るために、素晴らしい視覚化資料を作成することができます。コードラインからコードクラウド、コンセプトマップまで、これらのツールは、新しい方法でデータを探索し、理解するのに役立つ様々なオプションを提供します。視覚化とMAXQDAデータをインタラクティブに接続することで、簡単に別の視点に切り替えることができ、全体像を見失うことはありません。さらに、可視化したデータを様々な形式でエクスポートして、最終的なレポートを充実させたり、調査結果を他の人と共有したりすることもできます。MAXQDAのこうした視覚化ツールは、質的データ分析や混合法のための優れたソフトウェアと言えるでしょう。

質的データ分析ソフトMAXQDAによるデータの可視化
質的データ分析ソフトウェアMAXQDAの無料チュートリアル

質的データ分析に関する無料のチュートリアルとガイド

MAXQDAは、質的データ分析に関する様々な無料の学習リソースを提供しており、初心者から上級者まで、ソフトウェアの使い方を簡単に学ぶことができます。無料のビデオチュートリアルやウェビナーから、ステップバイステップのガイドやサンプルプロジェクトまで、これらのリソースは、MAXQDAの特徴や機能を理解するのに役立つ情報を数多く提供しています。初心者にとっては、ソフトウェアの使いやすいインターフェイスと充実したヘルプセンターにより、データ解析を簡単に始められます。一方、上級者には、より複雑な機能や手法をカバーする詳細なガイドとチュートリアルが好評です。これから始める方にはもちろん、経験豊富な研究者の方にも、MAXQDAの無料学習リソースは、質的データ分析を最大限に活用するために大いに役立つはずです。

WindowsおよびMac用のMAXQDA無料トライアル

無料トライアルを開始する

MAXQDAライセンスの取得

料金

MAXQDA、MAXQDA Analytics Proの機能を比較する

比較

よくある質問:質的データ分析のためのソフトウェア

  • 質的データ分析ソフトは何が一番良いのでしょうか?

    MAXQDAは、市場における最高レベルの質的データ分析ソフトウェアだと広く知られています。研究者によって開発されたもので、研究者が質的データを簡単に整理、分析、解釈するための幅広い機能とツールを備えています。MAXQDAでは、テキスト、音声、動画ファイルを含む、様々なファイル形式をインポートして作業することが可能です。また、高度なコーディングやカテゴリー化機能、データ分析のための可視化機能も用意されています。

    さらに、MAXQDAはユーザーフレンドリーなインターフェースを備えており、ユーザーがソフトウェアを最大限に活用できるよう、さまざまなチュートリアルやサポート資料を提供しています。総じて、MAXQDAは、包括的な機能セットと使いやすさから、質的データ分析に最適な選択肢と言えるでしょう。

  • 質的データの分析に使用できるソフトウェアやツールはどれですか?

    MAXQDAには、質的データを分析するための幅広いツールが用意されていますが、中でもよく使われるものをいくつか紹介します。

    1. コーディング: MAXQDAでは、テキスト、音声、動画ファイルのセグメントにコードを割り当て、そのコードを使ってデータを分析することができます。
    2. メモ: このツールでは、データに関するメモや考察を作成して、コーディングスキームの構築や改良に役立てられます。
    3. 検索: MAXQDAには、キーワード検索、ブール検索、近接検索など、データの検索と取得のため、いくつかのオプションが用意されています。
    4. 視覚化: MAXQDAは、ワードクラウド、コンコーダンスライン、コード共起マトリクスなど、さまざまな視覚化オプションを提供しているため、ユーザーは、データのパターンや関連性を迅速かつ容易に特定することが可能です。
    5. 統計: MAXQDAには、頻度リスト、クロスタブ、カイ二乗検定など、データを分析するための統計ツールがいくつか用意されており、ユーザーは、データのパターンや関係を調べられるようになっています。
    6. 共同作業: MAXQDAでは、複数のユーザーが同じプロジェクトに同時に取り組み、作業を共有することも可能です。
    7. インポートとエクスポート: MAXQDAは、テキスト、音声、動画ファイルなど様々なファイル形式をインポートして作業することができ、またデータをExcelやSPSS、Rなどの異なる形式にエクスポートできます。

    これらは、MAXQDAでよく使われているツールの一部ですが、このソフトウェアには他にも、研究デザインや研究者のニーズに応じて、質的データを分析するためのオプションが多数用意されています。

  • 質的データをどのように分析するのですか?

    質的データの分析には、いくつかのステップがあります。最初のステップは、データをMAXQDAにインポートすることです。これには、テキスト、音声、動画ファイル、さらに画像や他のタイプのマルチメディアが含まれます。データをインポートしたら、それを管理しやすい塊に整理する必要があります。テキストファイルをより小さなセグメントに分割したり、音声ファイルや動画ファイルを書き起こしたり、といった作業が含まれます。

    次のステップでは、データのコーディングを開始します。これは、特定のテーマやトピックに関連するデータのセグメントに、コードを割り当てることです。コードは手動または自動で割り当てられ、データを分析するために複数のコードを使用できます。一度データをコーディングすれば、検索ツールを使って、特定のコードやテーマに関連するテキスト、音声、動画のセグメントを検索できるようになります。

    MAXQDAには、ワードクラウド、コンコーダンスライン、コード共起マトリックスなどの可視化オプションがあり、ユーザーは、データのパターンや関連性を迅速かつ容易に特定できます。データの整理、コーディング、検索が完了したら、分析を開始しましょう。これには、パターンやテーマを特定したり、データの異なるセグメントを比較したりすることを含む場合があります。

    また、本ソフトウェアでは、データに関するメモや考察を作成でき、それを使って、コーディングスキームを構築したり改良したりできます。MAXQDAでは、複数のユーザーが同じプロジェクトに同時に取り組み、作業を共有することが可能です。最後に、分析が完了したら、ExcelやSPSS、Rなど、さまざまな形式で分析結果をエクスポートできます。MAXQDAを使って質的データを分析するプロセスは、研究課題やデザイン、使用する方法論によって、異なる可能性があることに注意することが重要です。

  • 質的データ分析の手法はどのようなものがありますか?

    研究者がデータを分析するために用いる質的データ分析手法には、以下のようなものがあります。

    グラウンデッド・セオリー(基礎理論): この方法は、データそのものから明らかになる理論を構築するものです。研究者はまずデータを収集・分析し、その情報をもとに、データを説明する理論を構築します。社会科学の分野で、社会的相互作用や組織プロセスなど、複雑な現象を調査する際によく使われる手法です。グラウンデッド・セオリーでは、研究者は先入観にとらわれた仮説から出発するのではなく、データから理論を浮かび上がらせます。MAXQDAは、メモ機能やコードやサブコードを作成する機能などのツールを用意しており、これは研究者がデータのパターンやテーマを特定し、そのパターンやテーマを説明する理論を構築するのに役立ちます。

    -内容分析: テキストに登場する単語やテーマなど、データの内容を分析する方法です。研究者は、内容分析を用いて、特定の単語やテーマの頻度など、データ中のパターンやテーマを特定します。MAXQDAには、単語の頻度やワードクラウド機能などのツールが備わっており、研究者がデータ中のパターンやテーマを迅速かつ容易に特定する役立てられます。さらに、MAXQDAでは、データをコーディングしてカテゴリ化できるため、繰り返されるテーマやパターンを簡単に特定・分析することが可能です。

    談話分析: この方法は、データの中で、言語がどのように使われ、意味を構築しているかを分析するものです。研究者は、談話分析を用いて、政治的な演説やメディアの報道、オンライン・ フォーラムなど、さまざまな文脈(コンテキスト)で言語がどのように使われているかを研究できます。MAXQDAには、研究者がデータ中の言語の使い方を研究するのに便利なワードツリーや、データとその意味を検討するのに使えるメモ機能などのツールがあります。

    ナラティブ分析: これは、データ中の物語や談話を分析し、それがどのように構築され、どのように意味を伝えているかを理解する方法です。研究者は、個人が自分自身の経験をどのように構築し理解するか、あるいはグループやコミュニティの集合的な経験をどのように構築し理解するかを研究するために、ナラティブ分析を用いることができます。MAXQDAには、データやその意味について考察するために使えるメモ機能や、研究者がデータのパターンやテーマを特定するために有用なコードやサブコードを作成する機能などのツールが用意されています。

    エスノグラフィー: これは、ある文化やコミュニティに身を置き、その日常的な活動を観察し参加することによって、文化やコミュニティを研究する方法です。研究者は、エスノグラフィーを用いて、文化やコミュニティが個人や集団の経験をどのように形成しているかを研究できます。MAXQDAには、データやその意味について考察するために使えるメモ機能や、研究者がデータのパターンやテーマを特定するために有用なコードやサブコードを作成する機能などのツールが用意されています。

    ケーススタディ:この方法は、特定の現象や問題を理解するために、個人またはグループを掘り下げて研究するものです。研究者は、ケーススタディを用いて、個人やグループが特定の現象や問題をどのように経験するかを調査できます。MAXQDAには、データやその意味について考察するために使えるメモ機能や、研究者がデータのパターンやテーマを特定するために有用なコードやサブコードを作成する機能などのツールが用意されています。

    現象学:この方法は、個人または集団の実体験を研究するものです。研究者は、現象学を用いて、個人や集団が自分の周りの世界をどのように経験しているかを研究します。MAXQDAには、データやその意味について考察するために使えるメモ機能や、研究者がデータのパターンやテーマを特定するために有用なコードやサブコードを作成する機能などのツールが用意されています。

    まとめると、MAXQDAはこれらすべての手法に対応した質的データ分析ソフトウェアであり、研究者がデータを分析し理解するのに役立つさまざまなツールを提供するものです。

  • 質的データ分析とは何ですか?

    質的データ分析とは、テキスト、画像、音声記録などの非数値データを調査し、解釈するプロセスです。質的データ分析の目的は、データ内のパターン、テーマ、洞察を特定することです。このプロセスでは通常、データをコーディングしてカテゴリ分けし、そのコードを用いてパターンやテーマを特定します。

    MAXQDAは、質的データ分析に最適なソフトウェアとして広く知られています。質的データを分析し理解するための幅広いツールを提供しており、データのコーディングやカテゴリ分け、パターンとテーマの特定、データの視覚的表示の作成などの機能があります。さらに、MAXQDAは使いやすく、あらゆるレベルの研究者がソフトウェアを理解し、効率的に使用できるよう、チュートリアルやウェビナーなどの幅広い学習リソースを無料で提供しています。また、研究者によって、研究者のために開発された本ソフトウェアは、さまざまな研究手法に対応し、質的データ分析を学ぶための豊富な無料リソースを提供しています。

  • Macで使えるベストな質的データ分析ソフトは何ですか?

    MAXQDAは、Macで使用できる最高の質的データ分析ソフトウェアとされています。Mac版MAXQDAの大きな特徴は、Windows版と100%同一かつ互換性があることで、チームでの作業に最適です。これにより、異なるコンピュータを持つ複数人が、OSに関係なく、同じプロジェクトにシームレスに取り組むことができます。また、それが研究者に柔軟性をもたらし、離れた場所や異なるプラットフォームからプロジェクトに取り組むことを可能にしました。さらに、MAXQDAはユーザーフレンドリーであり、あらゆるレベルの研究者がソフトウェアを理解し、効率的に使用できるよう、幅広い学習教材やチュートリアルを用意しています。

  • 生徒向けの最適な質的データ分析ソフトは何ですか?

    MAXQDAは、学生向けとしてベストな質的データ分析ソフトウェアだと考えられています。MAXQDAは学生向けに大幅な割引価格を提供しているため、コストパフォーマンスの高い選択肢です。さらに、MAXQDAは若手研究者向けの奨学金制度も提供しており、ソフトウェアへのアクセスやトレーニングを無料で受けられます。加えて、MAXQDAは毎年、国際規模のユーザーカンファレンスを開催しており、学生は経験豊富な質的研究者から学び、同じ分野の人々とネットワークを築き、質的データ分析の最新動向を知る機会が得られます。

    MAXQDAは使いやすさを念頭に置いて設計されており、あらゆるレベルの学生にとって利用しやすい質的データ分析ソフトウェアです。ユーザーがソフトウェアのさまざまな特徴や機能を理解し、適切に活用できるよう、動画や文書によるガイドなど、さまざまな形式で包括的な学習リソースを無料で提供しています。