MAXQDAの日本語本

質的テキスト分析法: 基本原理・分析技法・ソフトウェア

ウド・クカーツ 著/佐藤郁哉 訳

質的研究を志す人のための手引き インタビューや観察、質問表を主とする質的研究では、テキスト=文字のデータや記録が膨大になります。それらを適切に解釈・分析し、良い論文を書くためにはどうすればよいのか、多くの初心者が途方に暮れ、アドバイスを求めています。本書は、そんな不安と渇望に応える、質的データを体系的に分析するための実践的なガイドブックです。代表的な方法を取り上げ、実際の手順をステップ・バイ・ステップで示しながら懇切に解説しました。さらに日本語で使えるようになったコンピュータ・ソフトウェアの意義と可能性についても解説されています。著者・訳者とも質的研究の第一人者による本書は、質的研究の初心者だけでなく、研究者にとっても、方法について改めて見直す恰好の手引きです。

詳細Amazon.co.jpで購入

QDAソフトに関する佐藤教授の著書

質的データ分析法―原理・方法・実践 [単行本]

佐藤 郁哉 (著)

質的研究が盛んですが、せっかく現場に出向いてよいデータを得ても、それを質の高い研究論文にまとめるのはなかなかハードルが高いものです。本書は、日本の質的研究のパイオニアの一人であり、数々の優れた著作を発表してきた著者が、学生を指導してきた経験をフルに活かして、文字データを中心とする質的データ分析の原理と具体的な技法を詳説し、よい報告にまとめ上げるためのコツやヒントを惜しげなく公開したもので、実際に資料を整理するうえでの座右の書となるでしょう。

詳細Amazon.co.jpで購入

『定性データ分析入門』改訂新版!

佐藤 郁哉 (著)

前著『定性データ分析入門』は、質的データ分析において必須となりつつあるQDAソフト三つの使用法を懇切に紹介した日本で初めての本として、好評を博しました。しかし、マニュアル的な部分は頻繁な改訂が必要になることから、本書では前著を全面的に見直して、ソフト使用法のマニュアル部分は新曜社のウェブサイトから自由にダウンロードできるようにし、QDAソフトを活用して文字データから「意味を取り出す」分析作業の原理とエッセンスを、より掘り下げて解説し、タイトルも一新しました。人文科学や文学、医学、看護学まで、幅広い分野の学生、研究者にとって非常に役立つ一冊です。

詳細Amazon.co.jpで購入